赤面症でもスピーチであがらないために

赤面症のあなたがスピーチでもあがらないためには、とにかく1つだけマスターしてください。あなたがこれから発表しようとする内容が、聞いている人にとってどのような意味を持つのかということを。まずシュミレーションすることにより、あがらないスピーチができますし、それが人に受け入れられるスピーチの企画部分になります。企画部分がしっかりしていれば、きっと聞き手は感動してくれますから。自信が無いスピーチは赤面症の症状を強く表面化させてしまうことになりますが、しっかりと準備をすることで赤面症の症状をおさえ、あがらないスピーチが出来ます。


次にスピーチの企画部分について。正しいスピーチのテクニックを身につけること。基本は短文構造というものがあり、短文構造を知れば簡単にテーマの組み立ても理解できるそうです。スピーチが苦手な人は闇雲にスピーチを行い、それでパニックになってしまうのです。手順をふまえたスピーチを行うのであれば赤面症の人でもあがらないスピーチが出来ます。例えば3分間スピーチはおよそ800字〜1000字で組み立てられており、発表者を介して聞いているほかの人たちに「情報」が伝わるように組み立てられているはずです。そうでないと聞いた人には、それがどんな内容の話なのかを理解することはできないからです。そのスピーチの組み立てこそ「短文構造」をしており、新聞記事の基本でもあります。正しい手順と周到な準備で赤面症の人でもあがらずにスピーチができます。